スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章術の千本ノック―どうすれば品格ある日本語が書けるか

文章術の千本ノック―どうすれば品格ある日本語が書けるか文章術の千本ノック―どうすれば品格ある日本語が書けるか

小学館 2002-10
売り上げランキング : 325218
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「イギリスはおいしい」の林望ことリンボウ先生の文章術の教えです。

朝日カルチャーセンターで開かれた講座を文字として書き起こしたもので、臨場感があり読んでいると授業に参加している気持ちになります。

対象はエッセイであり、少し興味からはずれますが大変参考になりました。ちなみにエッセイと随筆は全く異なるそうです。随筆は人生経験や筆力があるプロの作家が趣味で「よしなしごと」をぼつぼつと書くものとのことです。

ここでの文章術とは、品格のある日本語をいかにして書くかということです。気をつける点は次の4つです。

1.文字を惜しめ
出来るだけ無駄な言い回しは避け最小限に書く。だらだらと書くと、しまりのない文になる。

2.客観性を重視せよ
客観的説明と描写により説明する。

「楽しかった」「驚いた」と主観的に書かない。周りの情景の具体的な描写で、自然と読者にそう思わせることが大事。

3.文体は敬体より常体

いわゆる「です・ます調」よりも「だ・である調」の方が優れいてる。例えば「美しい」とう形容詞を考える。過去形だと「美しかったです」「美しいと思いました」などすっきりしない。

4.文章の品格
・中止法や体言止は文章の品格を下げるので極力使わない。
「~してみては?」→「~してみてはいかがでしょうか?」
「~だそう」→「だそうです。」
・流行語や紋切り型の手垢の付いた表現は安易に使わない。
「~にこだわる」
「終わってみれば~」
・同じ文末を繰り返さない

これらはエッセイに限らず、解説や説明文の文章術としても十分適用できるものでしょう。ブログでは敬体を使っていますが、難しいですね。長くなりすっきりしない上、同じ文末を繰り返してしまいがちです。


何かの参考になりましたら、下のバナーをクリック頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ


comment

Secret

プロフィール

ac360

Author:ac360
20代後半

アカデミ系読み物、投資、英語、文章読本、ビジネス系書籍に興味あり。自分の能力を高められるような読書を継続していきたいと考えています。

投資:
投資額は全資産の20%以内に抑え,インデックス積立中心にやっています。

TOPIX ETF(1306)
eMAXIS先進国株式
eMAXIS新興国株式
STAMグローバル株式
STAMグローバル債券
その他もろもろ

英語:
TOEIC 920 (L465 R455)
CNNは半分も分かりません。960点位取りたいです。
TOEICお勧め書籍まとめ

文章読本:
文書読本お勧め書籍まとめ

トップページをはじめ記事へのリンクはフリーです。
コメント,TB歓迎。相互リンクも募集中!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事の紹介です
ブログパーツ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
良く見に行くブログです。
このブログをリンクに追加する
ランキング
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
よみました
ac360さんの読書メーター ac360さんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。